タイムシェア子連れ旅行のヒント旅行

【最新2022年3月】HGVCの予約変更。一泊減らすにはどうしたらいい?

※アフィリエイト広告を利用しています。

2022年4月ハワイ渡航を予定しています。

ヒルトングランドバケーションズ(以下、HGV)でお部屋を取り、JALで航空券を用意してありました。
が、行きの便がキャンセルに…

「コロナの影響で飛ばないので。」

と一方的に、翌日の便に変更させられてしまいました。
そのため滞在が1日減ることに。
旅行の1ヶ月前のことです。

直前すぎる!

HGVタイムシェアのクラブポイントを使用した予約でしたので、

  • キャンセルできるの?
  • ポイントは返ってくるの?

などとあわあわ…

今回は、実際にクラブカウンセラーに確認した内容をもとに、

  • タイムシェア予約後、急な予定の変更があった場合どうしたらいいのか

について紹介していきます。

最終的に我が家は、1泊分のクラブポイントを捨て、1泊分の予約をキャンセルしないことを選択しました。

旅行の日程変更は焦りますよね。
私たちの経験が参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

急な予定変更…出来ること。

予約済みのHGVの滞在期間の変更をする場合、方法が2つあります。

  1. 予約の変更をかける
  2. キャンセルして取り直す

まずはこれらについて説明していきます。

①予約の変更

予約の変更ができるのは、61日前までです。(2022年3月現在)

61日以前であれば、キャンセルペナルティは発生しません。
早く気づければこの方法がベストです。

変更の仕方(アプリ)

アプリを開く。
トップページから、私の滞在をタップ。

予約確認番号の右側にある、予約の変更をタップ(小さくて見にくいです。)

予約の変更をタップし、変更

約2ヶ月前までに日程の変更をすることが決まれば、ここから変更が可能です。

ただ、急な変更には対応できないのがデメリットです。
実際、我が家の飛行機キャンセル決まったのは1ヶ月前でしたので、この方法は使えませんでした。

②キャンセルして取り直す

61日前までに予約の変更ができなかった場合、一旦全てをキャンセルし、新しく予約を取り直す方法があります。

キャンセルができるのは、31日前までです。(2022年3月現在)

この期間であれば、1度キャンセルするとポイントは戻ってきます。
ボーナスポイントで予約した場合、有効期限内に限る

キャンセルの仕方(アプリ)

アプリを開く。
トップページから、私の滞在をタップ。

1番下までスクロールし、予約のキャンセルをタップ。

キャンセル規定と変更規定を理解しました]にチェックを入れ、予約のキャンセル

ただし、注意点が2つあります。

  • 予約手数料までは返ってこない

使用したポイントは返ってきますが、1回目の予約手数料は返ってきません
さらに、新たな予約でも予約手数料がかかります

予約手数料はオンラインの場合、$59(2022年3月現在)。
ここだけは二重で発生してきます。

  • 次の予約を取れるとは限らない

この方法を取るときは、日程を変えても空室があるのかを必ず確認しておかなけれいけません。

キャンセル後、通常通り改めて予約をすることになるため、空室がない場合は予約が取れないからです。

特に、コロナ以前の繁忙期のオアフ島は、1、2ヶ月前になると予約が取れないことがほとんどでした。
ポイント戻ってきたとしても、予約を取り直すことは困難かもしれません。

スポンサーリンク

アーリーチェックインという選択肢

今回は、61日前までの予約変更は間に合わなかったため、

  • キャンセルして取り直すか
  • そのままにしておくか

この2つのどちらかを選ぶことになりました。

キャンセルすれば1泊分のポイントが返ってきますが、1回目の予約と、キャンセル後新たに予約する際の予約手数料計2回分を取られることになります。

キャンセルせず、そのままにしておけばクラブポイント1泊分がもったいないですが、その代わり、前日までにお部屋の準備が終わっているので、着いたらすぐにチェックインできます。
いわゆるアーリーチェックインという状態です。

1泊分のポイントを捨てるのか、予約手数料×2回分を捨てるのか…
どちらももったいないですが、アーリーチェックインできる方がありがたい!と考え、今回はキャンセルして取り直すことはせず、1泊余分に部屋を押さえてある状態にしておきました。

実際に利用してみて、アーリーチェックインができたのはかなり助かりました。
ハワイへの便は基本的に朝到着。
8.5時間の飛行機移動後は、とりあえず寝転びたい…早くシャワー浴びたい…!という気持ちになります。

ラウンジとも違った、家族だけの空間で、移動の疲れを癒せる、というのはとても嬉しかったです。

仕方なく旅行日程を変えざるを得ない場合は、割とおすすめできる選択肢だと思います。

「予約当日には到着できず、翌日になるので部屋の準備はしておいてほしい。」
ということは伝えておいたほうが良いので、そのままにしておく場合でもクラブカウンセラーに電話を入れておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

困ったら、まずは電話を。

HGVは予約方法もいろいろあるし、サイトも見ずらかったり…と難しいことが多いですよね。
困ったらまず、クラブカウンセラーに電話してみるのがおすすめです。

クラブカウンセラーの電話番号
フリーコール 0120-805-811
携帯から   03-6866-4900
(営業時間 月〜土 9:00〜18:00)

予約の代行をしてもらわないかぎりは無料で相談に乗ってくれます

最善策を選んで、旅を楽しもう!

飛行機が欠航に…
急な仕事が入ってしまった…
など、旅行の日程を短くしなければならないのは悲しい気持ちになりますよね。

でも、それで諦めてしまってはもったいない!
なるべく最善策を考え、切り替えて、旅行を楽しみましょう!

と自分に言い聞かせている筆者です。
(飛行機め………)

4月、ハワイに行ってきました!

ハワイ旅行記は以下の記事にまとめています。

最後までお読みいただきありがとうございました。